不登校を助けたいブログ

不登校になった人を少しでも助けたい気持ちがあり始めました

休み時間に1人でいるのは友達ができないのか??

f:id:futouco:20220201172308j:plain

小学校~高校生の時には、授業と授業の10分くらいの間、給食やランチが終わってからは30分の休み時間があると思います。移動教室の場合は、授業と授業の間は友達と話したりする暇がないかもしれませんが、それ以外は友達と話す、昼休みは鬼ごっこやバスケ、外でサッカーなどで休み時間を過ごしそうですが、1人で過ごしいる人もいます。受験生になると、勉強するために1人で机に向かっているのは理解できますが、小学3年生が1人でいると友達いないのかと他の子から「いつも1人だけど、話すことができないの?」や「休み時間に読書しているとか面白い」などと馬鹿にされて、学校に居場所がなくなり不登校になってしまうことです。

 

休み時間の過ごし方について、「子どもは外で元気に遊ぶものだ」「子どもは、みんなで遊ぶのが好き」と考えている親がいます。ただ、休み時間に遊んでチャイムの音に気付かずに授業に遅れて怒られた経験などがある、遊ぶより絵を描きたい、本を読みたいなどみんなと遊ぶことが全てではないです。子どもが休み時間がつまらないという言葉が出てきたら、理由を聞いてあげて、遊びたい子と遊べない、楽しい遊びがなくて暇だといったものでしょう。その子にどう声をかければいいかアドバイス、図書館へ行ってみるようにすすめることです

 

休み時間を一人で過ごすことは、子どもの経験や成長にとって必ずしもマイナスとは限りません。学校には様々な子が集まり、仲良くなれる子もいれば、そうでない子もいるので、無理をして一緒に遊ぶ必要はありません。心配なら学校での様子を覗いてみることで、休み時間を1人で過ごしているのが我が子だけだと思っていたら、他の子もそれぞれ思うがままに過ごしている様子が見えてくるかもしれません。子どもが困っているのなら親が手を差し伸べる必要がありますが、困っていないのなら見守ることが大切だと考えます。強く言いすぎると、子どもが口を閉ざして、学校のことを話さなくなってしまうからです。担任から面談の時に休み時間を1人で過ごしていると聞いたら、焦るかもしれませんが、昼休みは図書館で本を読みたいなど子どもが決めていることなので大丈夫だと思います。休み時間に遊んでも鬼ごっこでじゃんけんに負け続け、鬼ばかりやっていても楽しくはないと思われます。大人になったら、腹休憩はありますが、仕事で忙しく1人で過ごしている場合もあるので、子どもの時から慣れておくことも必要でしょう!次回は不安欠席を選択して、ネットを利用して悪口を書かれるのかについて紹介します。

今年の流行語大賞と漢字を予想してみた!

まだ3ヶ月あるため今後流行語大賞と漢字になる言葉が出てくることもありますが、現時点での予想をしていきたいと思います!毎年12月に発表される流行語大賞今年の漢字が発表されますが予想とは違う言葉や漢字になることが多いです。昨年はエンゼルス大谷翔平選手がリアル二刀流で活躍した影響でリアル二刀流とショータイムが流行語大賞東京五輪で過去最多の金メダルを獲得したことで金という漢字になりました。2年前は新型コロナウイルスが流行したことで3密が流行語大賞、密が今年の漢字になりました。今年は北京五輪サッカーワールドカップ参院選自民党が圧勝、安倍晋三元首相が銃撃される、旧統一教会問題、ロシアがウクライナに攻撃する、東京猛暑日過去最多、東北や北陸で雨で甚大な被害、物価高騰羽生結弦選手現役引退、大谷翔平ベーブルース以来の2桁勝利と2桁ホームラン達成、新型コロナウイルス関連など色々ありました。大谷翔平選手は昨年流行語大賞を受賞しているため可能性としては低いですが、104年ぶりの快挙を達成したためトップテンには入りそうです。衝撃的だったのは安倍晋三元首相が山上容疑者に銃撃されて亡くなってしまう事件は歴史の教科書に載せる出来事になってしまったので安倍晋三元首相関連もトップテンには入るでしょう

 

今年ニュースで言われていたのが3年ぶりの○○で花火や祭り、ゴールデンウィークやお盆の帰省についてです。一昨年は中止、昨年は規模を縮小しての開催が多かったため、今年は感染対策をしながらコロナが流行する前の人数まで戻すことをして楽しんでいました。ゲーム、ファッション、若者関連の言葉も入ってくると思いますが私は知らないため予想はしません(笑)色々書いてきましたが流行語大賞北京五輪で金メダルを獲得した平野歩夢選手が初めて成功させたトリプルコーク1440になってほしいです。私は新潟出身なので平野歩夢選手が表彰されたら嬉しいです。暗い話題を流行語にすることはないので大谷翔平選手、羽生結弦選手がクワッドアクセルを成功させていればそれだと思いましたが北京五輪関連ではないかと思っています。ワールドカップで日本代表がベスト8に進出できたらそちらの方が流行語大賞になりそうです。ラグビーワールドカップで初めてペスト8に進出した時もワンチームが流行語大賞となっているため可能性はあります。漢字は変で新型コロナウイルスの変異、ロシアがウクライナに侵攻して世界が変わる、国内でも物価高騰、水害などで生活を変えていかなければならないと考えましたが違うと思います...

不登校の原因(暴言とイライラの対策)について

今回は不登校の原因にならないような暴言とイライラの対策について書いていきます。

1つ目の対策は、兄弟や友達と喧嘩して暴言を吐いてイライラしないようにルールを作っておくことです。喧嘩する理由は人それぞれであり些細なことの場合は翌日には仲直りして話したり遊ぶことをしています。具体例で書いた兄はゲームで負けてそれで暴言を吐いて弟が精神的に辛くならないようにしかし、暴言を吐いたら勉強時間を増やすと言うことは逆効果になることもあるため注意してほしいです。

 

2つ目の対策は、イライラすることが多くなった時には体をゆるめてリラックスすることとストレスチェックをすることが必要です。背筋を伸ばしたり肩の力を抜くや過去の失敗や未来への不安といったことはストレスを増幅させていることもあります。そうならないために心を今に向けた「マインドフルネス」といい到達する手段として瞑想が行われて、脳が活性化したりストレスを軽減することができます。ストレスが溜まっているかどうか調べるストレスチェックをして、1週間の生活を振り返り合計点が高いほど注意が必要になるため専門家に相談することです。

 

3つ目の対策は、暴言を吐かれて不登校にならないように相談できる体制を作っておくことです。試合に負けるや体育祭でミスをして優勝できなかった時に「お前のせいで負けたから殺す」や「顔がキモイから死んでくれない」と暴言を吐かれて学校に行かなくなることも考えられます。カウンセラーやそれを専門とする先生が各クラス見回りをしたりそれを相談できる教室を作ることで対処できそうです。親と先生が電話で話すことで、状況も把握して暴言を吐いている人に注意できると思います。ただ、自分や周りの人が気づいて先生に報告するのが1番いいですが、それはできる可能性が低いと思います。

#不登校 #暴言 #イライラ

何かに悩んでいる子どもは毎日学校に行く必要はない!

不登校になってしまう子どもは何かに悩み続けていることを周囲に隠していることが多いと思います。悩み続けていると学校に行くことが嫌になりストレスが溜まったりして家からも出なくなる引きこもり状態になることもあります。学校での問題だけならフリースクールなどで遊んだり、勉強することはできると思います。ただ、家庭の問題になってくると親から暴力を受けて児童養護施設に預けられる、離婚やひとり親家庭の場合は金銭的に余裕がなく学校以外の居場所を確保するのが難しいです。

 

何か悩みがある子どもは毎日学校に行く必要はないと思っています。1日ぐらい休んだぐらいで授業についていけない、友達関係が悪くなることはほぼないからです。毎日学校に行っても教科書何ページも進めるわけでもなく、通知表や評定に影響することも低いからです。1年間学校を休まなかった子どもには賞状を渡して褒めてあげることも必要です。子どもは体が成長途中だったりして体調を崩して休むことは年に数回はあるでしょう。体調を崩した以外で学校を休むのはサボりやおかしいと思っている先生と親がいたら残念に思います。大人が知らないだけでクラスや部活の先輩からいじめを受けている、SNSで悪口を書かれているなどで精神的に辛く学校に行かたくない気持ちになります。先生に「あなたはこのままだと大人になった時に大変なことになる」や親に「成績が悪くてどこの高校に進学できるの?」と言われると自信を無くして「どうせ自分はダメな人間」と思い込んでしまいそうです。

 

毎日朝早く起きて学校では6~7時間ぐらい授業を受けているのを週に5日続けているとどこかのタイミングで疲れが出てくると思います。疲れが取れないまま授業を受けても頭には入ってこないと思うため休むことも大切だと思います。もちろん毎日学校に行くと友達と話すや遊ぶことができ、授業についていくことは可能なため普通に元気な子どもはそれでいいと思います。悩み事があったら友達、先生、家族などに相談してみれば対策はしてくれると思うので相談してほしいです。

母子分離不安型は小学生低学年に見られる!!

母子分離不安型は、小学生低学年に見られて、母親の関心や愛情を確認する、母親が離れることに不安があり、母親の行動を監視する、母親を独占したがり、父親や兄弟に対して、敵意のあるふるまいなどをすることです。前駆期は、「友達がいない」「先生が怖い」などと、登校をしなくなる、登校時間になると、母親に泣いてしがみつくなど、母親と一緒でないと登校できなくなるや友達の家には行きたがらず、家の中で遊ぶなどです。進行期になると、母親が一緒に登校しても、泣いて強い抵抗を示す、父親に対して口をきかなかったり、敵意のある行動を示す場合があるなどで、不登校につながることもあります。

 

混乱期は、母親以外とのコミュニケーションも増え、家族と一緒であれば、外出できる、家で好きなことをして過ごして、気分的に安定している様子が見られる、家の手伝いや、短い時間の留守番ができるようになるなどです。回復期になると、家の中では母親から離れても元気に過ごせることが多くなる、母親や友達、支援者と一緒なら保健室登校や、教室への登校ができるようになるなどです。母親から離れるのが不安で不登校の状態から回復しつつあり、勉強をするようになり自分1人で行動する可能性が高くなっていると思います。

 

前駆期の対応は、話を聞いてあげる、母親と一緒の登校、保健室登校を認めてもらうなど、柔軟な対応を学校にお願いすることです。進行期の対応は、母親への負担が集中することがあるので、父親や兄弟は母親を責めず、頑張りを認めてあげる、信頼できる相談機関を探し、孤立しないようにすることです。混乱期の対応として、学校生活から長く離れて不安になることがあるため、家で学習をする、提出物を作ったり、学校復帰のための準備をするや家事などを子どもと一緒にやり、できたことを褒めるなど、認める機会を多くしていくなどです。回復期の対応は、子どもの様子を見て、学校への誘いかけを行う、いきなり長い時間や週に何度もの登校は目指さず、慣らし登校の期間を十分にとることです。紹介した対応をすることで、子どもは母親から離れても行動することに不安がなくなり、学校に登校できるようになると思います。周囲の人のサポートも大切で、母親が苦しんでいる様子を見たら「何か困っている?」と声を掛けてあげることで、負担が減ります。小学生低学年が多いですが、中高生になってもこのような生徒はいるため、母親は注意して対応してください。次回は休み時間に1人でいるのは友達ができないのかについて紹介します。

不登校の原因(暴言とイライラの具体例)について

今回は不登校の原因で、暴言とイライラについて書いていきます。

1つ目の具体例は、男子中学生が対戦ゲームで小学生の弟に負けて喧嘩して暴言を吐いてイライラすることです。「もう遊ばない」や「うぜえ死ねばいいのに」と暴言を吐いて弟とゲームをしなくなることです。兄は食事の時や階段ですれ違うとイライラして殴るフリをしたり舌打ちをするなど恐怖を与えようとすることもあります。それが原因で、弟が精神的に病んでしまい学校を休みがちになります、

 

2つ目の具体例は、卓球部の女子高校生は部活動の生徒に試合で負けたことが影響して、暴言を言われて不登校につながることです。「次試合で負けたら殺すから」と脅かされたり「練習してねえから弱い」と強い口調で言われることです。本人は頑張っていますが、他の部員から結果が出ていないことでこんなに言われるのが嫌になり退部してしまうことも考えることです。

 

3つ目の具体例は、女子中学生がクラスの男子生徒に顔がキモイなど言われて辛い経験をすることです。「あの人顔ブサイク」と近くで言われてそちらの方を振り向くと「ゴミが見てきた」と差別的な発言をされることです。イライラする姿を見られると笑われたりするので、居場所がなくなり学校に行かなくなることです。次回は対策について書いていきます。

#不登校 #暴言 #イライラ

台風14号の影響は凄かった?? 事前に準備しておくことが大切!

今回は不登校関係の記事ではないですが、命に関わることだと思い書きました。あまり台風が直撃することが少ない新潟でも新幹線、在来線、飛行機に影響が出たので相当強い勢力の台風だと思いました。私は高校生の時に修学旅行で台湾に4泊5日の予定でしたが、2日目に台風が直撃して、傘はさせないので制服はびしょ濡れ、昼食会場の施設は浸水と窓ガラスが割れてしまいました。翌日ホテルから外を見てみるとコンビニの看板が落ちている、木の枝があちこちに散乱しており、その日は予定を変更してホテルで過ごしました。その時は最大瞬間風速が50メートルと予想されていましたが、実際は30メートルぐらいだったため避難とかはしなかったです。1934年の室戸台風、1959年の伊勢湾台風に匹敵するぐらいの台風14号が日本列島に直撃してしまいました沖縄県以外で初めて特別警報が鹿児島県で出されてかなり被害が出る予想をしていたようです。Twitterやニュースでの報道を見る限りでも建物の中からでも凄まじい風と雨の音が聞こえてきて外に出るのは危険だと思いました。

 

台風や大雪の時に避難指示が出ても「どうせ大丈夫だろう」「避難する人なんかいないでしょ」と思っている人がいます。今の時代急に線状降水帯が発生してしまうと、家が浸水する、土砂崩れが起きる、橋が崩落する、店や家が壊れてしまうなどの被害が出てしまいます。線状降水帯は、雨雲が次々と発生し、発達しながら、風に乗って、同じような場所に流れ込むことにより大雨をもたらします。数時間にわたって猛烈な雨が降るため、雨が弱まってから避難しようとしても、避難のタイミングを逃してしまうことがあります

 

この時期は台風が起きやすい時期で毎週上陸してしまう可能性もあります。台風が上陸しなくても線状降水帯の影響で大雨が降ることもあるため、自宅にいるよりは避難した方がいいと思います。被害が出てからでは遅いため、避難指示が出る前に近くの避難場所に行っておいたら安心できそうです。自宅にいることを選択した人は、何日間分の食料と水を確保する、停電になってもニュースや連絡できるようにスマホを充電しておく、湯船に満タンの水を入れておくなどをしておくことです。対策をしても予想を超えることもあるので普段から天気予報を見て事前に準備しておくことが大切だと考えます。