不登校を助けたいブログ

不登校になった人を少しでも助けたい気持ちがあり始めました

不登校の子どもを外に連れ出す方法と注意点...?

子どもが不登校になって外に出ることもなくなって、引きこもりになって部屋から出るのが難しくなり、親とも話さなくなることもあります。将来のことを思って、外に出た方がいいと、無理やり外出させてしまうと、さらに状況が悪化してしまい、暴力を振るったり、自ら命を落とすことになってしまいます。子どもが外に出たくない理由は、「他の子に見られるかもしれないと」「外に出るのが怖い」などと、家から出るのを嫌がる子もいます。外に出ることで、ストレス発散と気分転換になり、不登校になってはいるけど、勉強をしなければいけないと考えるきっかけになりそうです。

 

子どもが勉強をする、家事を手伝うまでに回復してきたら、抵抗を感じにくい場所に出かけてみることで、家の近所を散歩、公園に行くことです。平日の昼間だと人が少ないため外に出やすいですが、それが嫌なら朝6時前か夜8時以降にすることで、他の子に見られない場所がいいなら、少し離れた公園に行くことです。慣れてきたら、映画、カラオケ、図書館、外食など人との接点がある場所に行ってみることで、自分から言葉をかけない限り話しかけられることはないので、気楽な時間を過ごせます。ただ、学校を休んでいるのに外出することに、後ろめたさを感じている可能性もあるので、親から「学校を休んでいることは悪いことではないよ。堂々としていいんだよ。」と伝えてあげると、外出できるようになります。

 

家族以外とのコミュニケーションの方法として、スクールカウンセラーを受けにいくことで、学校に配置されているため、担任を通じて予約を入れることができます。親や先生に言えないことも話しやすく、よい話し相手になってくれて、他の子と顔を合わせない時間にしてくれます。不登校になった初期の頃は、無理させずに尊重してあげることが必要、不登校の本格期になったときは、学校以外の話題を意識したり、気分転換になることを探してほしいと思います。回復期に入ったら外出させてみて、学校の話題を意識することです。不登校になった子にとって、外に出やすい時間帯と出にくい時間帯があり、平日の昼間だと「どうして昼間に公園にいるの?」と言われるのが怖い、「休日だと知り合いに会う可能性があるから嫌だ」と思っているかもしれないので、子どもにとって外出しやすい時間を選ぶことです。お小遣いを渡すことを続けるべきで、渡さないと外で何か食べたいなどができなく前向きな気持ちも奪うため、お小遣いは渡すべきです。不登校になって外に出なくなり、引きこもらないように親が様子を見て外出させてください!次回はクラス替えをきっかけに学校登校することができるのかについて紹介します。

不登校枠で高校受験ができる! 試験の勉強、作文や面接の準備をしておくことが必要!

ここ数年不登校になった児童生徒の数が過去最多を更新しております。不登校になったら高校受験は無理だと考える人がいますが不登校の生徒に対して配慮してできたのが不登校枠です。そもそも不登校枠というのは、選抜の際に調査書のうち欠席等に関する記録を見ない、個人的に面接を行うなど特別な配慮がなされることです。ただ、内申点がないため、本番の入試では他の生徒より得点を取る必要があるので勉強しておかないと不合格になる可能性が高くなりそうです。公立高校を受験する場合は、不登校だった生徒は審議対象となります。高校に入学したらきちんと卒業できるかを審議することです。中学までは義務教育のため不登校になっても卒業できますが、高校は義務教育ではないので学校に行かないと留年して卒業することができないことです。

 

全日制高校は、学力検査の結果と調査書の記録が合否に影響してきます。不登校の生徒は調査書の記録は他の生徒より不利になってしまいますので学力検査で平均点以上を取っておかないと厳しいと思われます。また、全日制の私立高校は、高校ごとに不登校生の受け入れ姿勢を定めており推薦(専願・併願)、一般入試(専願・併願)の4種類ありますが推薦専願で受験することで合格する可能性が高まります。高校によっては中学3年時のみという場合があり、1、2年時不登校でも3年時にしっかり行っていれば推薦入試を受けられることにつながるからです。他に定時制高校は、学力検査、作文や面接が課されるものの全日制高校と違い調査書はそこまで試験に影響せず本人のやる気や意思を重視しているようです。通信制高校は、試験はなく作文や面接だけで判断されるので中学時代不登校でも試験はないので作文や面接の練習をしておけば合格できると思われます。

 

小中学時代不登校で高校になんか行けないと思っている子や親がいますが当日力を発揮できれば合格できます。学校によって違いがあるかもしれませんが不登校枠があれば欠席の日数が多くても大丈夫なので試験の勉強、作文や面接の準備をしておくことが必要になります不登校になったら進路が制限される、将来に影響するのではないかと心配されると思われます。でも高校に進学することは不可能ではなく本人の努力次第では合格できことを理解してほしいです。ここ数年で子どもの進路や選択肢も多様化しており海外に留学、好きなことをしながら高卒認定試験を目指すこともできるため不登校になったから諦めるのではなく色々な選択肢があることを頭に入れてほしいと思いました。

不登校の子ども1人で留守番時に気を付けること!!

子どもが不登校になった時に、買い物などで子どもを1人にしていいのか悩む親はいると思います。いじめや人間関係など、子どもが傷つくような体験をしており、弱っている子どもを留守番させても大丈夫だろうかと考えても、仕事や病院に行かないと生活できないので、小学校高学年以降の子は1人でも問題ないです不登校になったため、心身ともに疲れ切っていることで急に家出をしたりする可能性は低く、知らない人が来ても無視すると判断できるからです。小学校低学年以下の子は、知らない人が来た時に黙って家に入ってこられて、お金などを盗まれることもあるので、基本的に親がいた方がいいです。

 

子どものことを心配して、外に出ることを顕著したり、悩みすぎて心が疲れ切ってしまう親もいて、一緒に精神がまいってしまい、家族はどんどん追い詰められることになります。不登校になった子は、短期間で学校に復帰することができればいいものの、多くは長期に渡って抜け出せないのを理解しておき、学校に行かないことを前提に生活パターンを考えておくことです。「誰か来ても出ないこと」「何かあったら携帯で連絡して」と言っておくと、安心して仕事に行くことができそうです。ネットワークカメラで子どもを見守る、机の上にゲームの時間を決めておくなど1日の過ごし方を決めておくことも必要になります。

 

仕事と不登校の子の世話どちらを優先すればいいかですが、どちらも大切で、優先順位をつけたり重要度を比べたりするものではないと思います。子どもの事情を職場に伝えることによって、休憩時間に家に戻れるようしてもらえたり、就業時間を短くしてもらうことも可能になります。また、パート勤務をしている人は、週2~3回に減らしてもらい子どもが1人になる時間を減らしながら働けるようになります。なぜ働かなければいけないのかを話して、生活をするために働いていると理解させることも必要になります。1人で留守番ができたら褒めることで、「安心して仕事を頑張れた」「留守番ができるようになったのは自信を持っていいよ!」と言われると、喜びを感じます。不登校になっている期間は、家族以外とコミニケションを取ることは少ないため、家族がいつも通り接することが気持ちが楽になることにつながります不登校だからといって守り過ぎずに、これまで出来ていたことや能力的に無理のないことをやらせてみることです。留守番をさせるのは怖いと感じますが、子どもも1人になりたいと感じているので、仕事をしても大丈夫です!次回は不登校の子どもを外に連れ出す方法と注意点

不登校の原因(熱中症の対策2)について

今回も不登校にならないような熱中症の対策について書いていきます。

4つ目の対策として、周りの大人が気にかけることや通学・下校時も油断しないことです。授業や部活などは先生や先輩などがいるため異変が起きたら対処できる確率が大会と思います。しかし、小学校低学年までは、暑さや体の不調を、自分の言葉で十分に訴えることができないため、服装や摂取するものによる暑さ調節がうまくできません。汗や体温、顔色などを親と担任以外に地域の人も登下校時などに気にかけることをしてほしいです。電車やバスを待っている時間や徒歩で移動している時は大丈夫と思わずに水分補給や日傘を持参することで、熱中症になりにくくなりそうです。

 

5つ目の対策として、前回の記事で紹介した食事について書きましたが、具体的に役に立つ栄養素と食べ物は何かです。汗で失われる成分は塩分、カリウムマグネシウム亜鉛、鉄などがあり食べ物から補給する必要がありますカリウムはトマトやほうれん草、イモ類、海藻類、大豆製品、果物に含まれています。普段の生活では不足することはありませんが、大量に汗をかいたり、食事をとれなかったりすることで不足します。また、ビタミンB1は糖質の代謝に必要な栄養素で、不足すると疲れやすくだるくなったりするなどの症状を起こす要因になります。ビタミンB1補給には豚肉、ウナギ、ごまなどでそれを中心にメニューを作ってほしいです。他にもビタミンCが不足すると体のだるさを感じたり、食欲低下の原因になるためレモン、オレンジ、ピーマンなどを補給することです。コンビニやスーパーで売っている塩分タブレットは持ち歩きができます。

 

熱中症にならないように屋内でも注意が必要で、高齢者がいる家庭ではエアコンや扇風機などを上手に活用してほしいと思われます

 #不登校 #熱中症

不登校の子どもは年末年始で神社と親戚の人に会うのが嫌だ? 新年になっても希望を持つことが難しい...

不登校になった子どもは夏休み、冬休み、春休みになっても普段から学校に行っていないため生活のリズムが変わることがないかもしれません。ただ、年末年始だけは家族も休みなこともあり家の手伝いをさせられる、神社と親戚の家に挨拶に行くことに不登校になっている子どもの中には嫌だと思う可能性もあります。理由としては、親戚の人から「どこの高校に行く予定なのか?」「勉強の方は大丈夫そうなのか?」などど聞かれるのが辛いからです。また、親戚の中に同じ年齢の子どもがいると「○○君は○○高校に合格した」と言われると、自分が情けなくなりその場所に居たくない気持ちになります。

 

神社に行くと学校の先生や同じクラスメイトの子どもに遭遇することもあって何を言われるか分からないので行かないことを選択する不登校になっている子どももいると思います。年末年始は基本的に親は仕事が休みのため「新しい年になるから家の手伝いぐらいはしなさい」と言って家の手伝いをさせてくることもあります。親としては、新しい年になれば新たな目標を立ててそれを達成するために頑張ってくれる、4月からは新学期になってクラスメイトのメンバーになって学校に行く気持ちになってくれたらと考えて、まずは家の手伝いからさせようと思っていることです。子どもは新年になったから「このまま不登校が続いてしまうと将来仕事もできるか分からないから頑張ろう」と思えらたらいいですが、「何で家の手伝いをする必要があるのか?新しい年になっても学校に行く気持ちにならない」と思っていたら不登校から復帰することは難しいかもしれません。

 

不登校の子どもは1年の振り返りをしても特に何もしていない、新年になっても何かがしたいということもないので希望を持つことが難しいと思います。子どもは学校に行けていないことに不安を感じているので親戚の集まりと神社に無理に連れて行かないことが大切です。年末年始は1年の終わりと1年の始まりで色々と大変な時期になりますが、不登校になっている子どもに対しては学校に関することを話さない、無理に家の手伝いをさせないことで負担が減り学校に復帰する可能性が高くなりそうです。

早食いをすると太るのは本当なのか?それが原因でいじめられる...

f:id:futouco:20220216161752j:plain

給食の時間に早く食べ終わる子はいて、おかわりをしたい、早く遊びたいか勉強したいなどの理由がありそうです。早く食べ終わったても給食の時間が決まっているため、遊んだりすることはできないです。早食いのメリットは、量をたくさん食べることができることで、咀嚼回数が少ない子は満腹感が得られにくいからです。忙しい人や時間に追われている人は、早く済ませた分だけ、他のことに時間を使えるため、受験生の子は少しでも時間を無駄にしたくないので、早食いをすることもあります。早食いのデメリットもあり、よく噛まずに食べると、唾液の分泌が少なくなり、食べ物が十分に咀嚼されない状態で胃に入り、腸へと送られるため、胃に負担がかかることです。また、虫歯になりやすくなる、噛まないため脳の働きが鈍くなる、太りやすくなります。

 

小学生5年生の男の子は、給食を食べるスピードが周りの子よりも早く、おかわりすることも多いです。クラス替えから1ヶ月間は何も言われることはなかったですが、給食を早く食べ終わる周りの子から「太ってるから早く食べ終われる」と言われることになります。「太ってきているのに食べるとかウケる」「給食のためだけに学校に来てる」と言われて嫌な気持ちになり、学校を休むがちになり、不登校につながることです。女子中学3年生は、高校受験を控えていることから、給食を早く食べて、勉強をすることです。「女子なのに食べるの早いなあ」と言ってくる男子はいても無視をしていましたが、「早く食べ終わってるんだし、余っているから食べろや」「給食の時間に勉強なんて頭おかしい」と言葉遣いが荒くなってしまうことです。それがきっかけで教室に入ることができなくなり、学校も行かなくなることです。

 

早食いをすることは悪いことではないですが、太りやすくなるや虫歯になりやすいので、事情がない限りゆっくり噛んで食べることです。食物繊維が豊富な食品を食べることで、ごぼう、さつま芋、エリンギ、たこ、いか、こんにゃくなどは噛むのに顎の力がいるため、早食いを防止することになると思います。家で料理してもらう時に、食材は大きく切り、噛みごたえがある状態にすると、噛む回数が増えるでしょう。さらに一口で30回噛むこと、一口ごとに箸を置くことができればいいですが、時間がある時に意識してください。早く食べ終わったことで、おかわりさせるや悪口を言うのはしてほしくないです。本人はそのことで心に傷がつき、不登校につながることもあるので、「早く食べてから勉強したいのか、事情があるから」と考えてほしいと思います。次回は不登校の子ども1人で留守番時に気を付けることはについて紹介します。

不登校の原因(熱中症の対策)について

今回は不登校の原因にならないような熱中症の対策について書いていきます。

1つ目の対策として、こまめに水分補給することと子どもを1人にしないことが大切になります。部活動や体育をしている前、途中と終わった後で「のどが渇いた」と思った時は、すでに脱水が始まっているためその前に少しづつ水分補給をすることです。また、水は1日1.2リットル程度を取りタブレットやキャンディーなど塩分補給を併用することも予防につながりそうです。屋内だからといっても夏では気温と湿度が高いため普段以上に水分を取ることが必要になると思います。子どもは1人で行動することができず短時間でも車で放置するとクーラーをつけていても死に至ることもあるので、ちょっとした買い物でも一緒に行動してほしいです。

 

2つ目の対策として、暑さに負けないからだを作ることや帽子をかぶることです。丈夫な体を作るための基本として、正しい食生活で3食しっかり食事を摂ることが大切になります。冷たいものだけを食べると腹を壊しやすくなるためご飯や野菜を食べることです。その他にも睡眠時間を十分にとること、生活リズムを整えることも暑さに負けない体作りのために必要だと考えます。また、直射日光から身を守るために帽子をかぶりできれば白色の麦わらで、ツバが長いものだと熱中症対策に1番効果が出るそうです。

 

3つ目の対策として、遊ぶ時や運動するときは、涼しい場所で休憩することや汗をかいたらすぐにタオルでふくことです。児童生徒は運動などをして疲れるとその場で座ったりしますが、外だと木の下やベンチなど涼しい場所で休憩させることで、熱中症になりにくく怪我のリスクも減ると思います。汗をかきすぎると水分が足りていなく風邪をひくことにつながるため練習や外出前に濡れたタオルを用意しておくことで、体温を上げることができ体臭対策になると思われます。もし用意できなくてもウエットティッシュや汗拭きシートでも代用できます。次回も対策について書いていきます。

不登校 #熱中症